「アナルセックスOK!」ってな女性を見つけて出会う4つの方法

マンコではなくアナルに挿入したいという性癖の方は、パートナー探しに困っているかもしれませんね。男性が思っている以上に、女性はアナルへのペニスの挿入を恐れます。

 

男性は簡単に考えがちで、アナルセックスなら妊娠の心配もほとんど無いし、むしろ女性にも良いじゃないかと思ってしまいます。しかし女性にしてみれば、本来挿入される場所でないところに入れられるのは怖いのです。

 

しかし、あなたがアナルセックスにあこがれる性癖の持ち主だとしたら、やっぱり自分の欲望はかなえたいですよね。そして、女性の中にもアナルセックスをしたいという欲求のある方は一定数いらっしゃいます。

 

双方の欲を満たせるならばWin-Winなのですが、性癖という他人に公言しにくい事項であるが故に、なかなかマッチングできないのが現実です。

 

ですが、アナルセックスをしたい男女がこの世にいるのは間違いありません。今回はどうすればアナルセックスをさせてくれる女性を見つけられるか考えてみましょう。

 

アナルセックスが好きな女性を見つける方法を考えてみよう

アナルセックスが好きな女性というのは一定数いますが、どうしたら見つけられるかと考えると、やはり頭を悩ませてしまうのではないでしょうか。

 

なにしろ、ことは性癖という極めてディープな世界の話。『私はアナルセックスが好きです』とプラカードを掲げている女性はいません。

 

どうしたらアナルセックスが好きな女性を見つけられるのでしょうか?

 

普通に職場内を探して見つけるのは難しい

たとえば職場の同僚女性の中からアナルセックス好きを見つけ出すのは難しいです。もちろん、確率的にはそれなりの規模の職場ならアナルセックス好きの女性もいるかもしれません。ですが、その人がアナルセックス好きかどうかを確かめる術はありません。

 

まさか、社内の女性全員に『君はアナルセックスが好きじゃないかい?』と質問してまわるわけにもいきませんからね。それはセクハラ行為でしょう。

 

また、結婚まで含めて、一生のお付き合いを考えているならともかく、セフレが欲しい程度ならば社内恋愛には手を出さない方が無難です。

 

あなたはセフレのつもりだったのに、女性側は真剣になってしまうなどという事例も少なくありません。そうなると、のちのち様々な修羅場が待っています。職場内で修羅場を作ってしまったら、会社に居続けることすら難しくなりかねません。

 

アナルセックスOKの風俗店を探してみる

風俗店の中には、『大きな声では言えないけれどアナルセックスOK』というお店もあります。そういったお店に行けば比較的簡単にアナルセックスにありつけるでしょう。

 

ただし、風俗店は一晩で数万円以上のお金がかかります。一度体験するだけならばともかく、何度も足繁く通うのはハードルが高そうです。

 

とはいえ、今後のためにアナルにペニスを入れる練習をしておくのは悪くないでしょう。アナルへの挿入はオマンコへの挿入よりもキツい場合が多いので、アナルセックスOKの風俗店で練習してみるのも手ですね。

 

SNSでアナルセックス好きを検索してみる

TwitterやFacebookなどのSNSでアナルセックス好きの女性を検索してみるのも悪くない手段です。

 

ただし、注意点としてSNS上で『アナルセックス』と検索すると、男性同士の同性愛情報(含む女性向けヤオイ漫画)がたくさん引っかかってしまいます。

 

男性同性愛者同士のセックスはアナルへの挿入が基本ですから、これは致し方がありません。検索キーを色々工夫して探すしかありませんが、男性同士のセックス画像や動画が嫌でも目に入ってくるリスクがあるのは覚えておいてください。

 

そういった画像や動画に抵抗がある場合は、SNSで『アナルセックス』のような言葉を検索するのは避けた方が無難でしょう。

 

それらの情報の中から取捨選択して、男性とのアナルセックスを望んでいる女性を見つけ出すのは、あんがい骨が折れる仕事だといえます。

 

アナルセックスの相手女性を探すなら、出会い系アプリやサイトが一番便利!

アナルセックスを受け入れてくれる女性を探すならば、出会い系サイトやアプリが一番簡単でしょう。出会い系というと、ノーマルなお付き合いをしたい女性が多いイメージがあるかもしれません。しかし、実際には様々な趣味趣向をもった男女が集まる場所が出会い系サイトです。

 

鞭で打たれたい女性もいれば、男のおしっこをの見たい女性もいます。そして、男性のペニスを自分のアナルに挿入される日を夢見る女性もいるのです。

 

ただし、出会い系サイトはピンキリです。女性のほとんどがサクラか業者みたいな質の悪い出会い系にいくら登録してもお金が無駄になるだけです。

 

以下に私がオススメする出会い系サイトを記載しておきますから参考にしてください。

 

PCMAX(ピーシーマックス)

サイト登録 無料配布ポイント 料金形態
男女会員登録無料 100P=1000円分 ポイント制(女性無料)

PCMAXは出会い系アプリの中でも、運営歴も15年以上と長く、運営システムがしっかりとしている信用性が高い出会い系アプリになります。会員数も多く利用年齢者も20代~40代と幅広く、コストパフォーマンスも優れている為、出会える確率も高く安心して利用が出来ます。

また、PCMAXでは、サクラ撲滅活動をしっかりと行っており、24時間体制での監視システムをとっております。女性は完全無料で利用することができ、他のサイトと比較しても、アクティブユーザーが多く、会員登録の女性比率も高い為、男性にとっては、頻繁な出会いを求めている人には有効な出会い系アプリ・サイトです。

他の出会い系アプリと比較すると傾向としては、若い女性が多く、掲示版等も見てもアダルト色が少し強いのも人気の根源なのかと思います。

 

 

ハッピーメール

サイト登録 無料配布ポイント 料金形態
男女会員登録無料 120P=1200円分 ポイント制(女性無料)

ハッピーメールは、日本でもアクティブ会員とはまた別ですが、累計の会員数は1000万人を超えている最大級の規模である出会い系アプリ・サイトとなります。

ただ、ハッピーメールは特にサイト自体のコンテンツを豊富にそろえており、ゲーム、漫画、占い、ニュース等サイトのコンテンツにて時間を費やすことが出来るようにエンタテイメント性を兼ね備えたサイトです。

他の出会い系アプリと比較すると傾向としては、年齢層の幅が広く、大人の関係から、遊び友達と自分の目的にマッチした人を幅広く探すことが出来ます

 

 

YYC(ワイワイシー)

サイト登録 無料配布ポイント 料金形態
男女会員登録無料 300P=300円分 ポイント制(女性無料)

YYCは、出会い系アプリ・サイトの中でも会員人数が多く1000万人以上の登録数を誇ります。そして、価格帯も低いですしセキュリティシステムもしっかりとしている為、安心できる優良出会い系サービスになります。

出会い系アプリ・サイトの中では、YYCコンテンツにアダルトコンテンツもあるのですが、アダルト色がそんなに強くなく、真面目な出会いや恋愛を求めている人も多い傾向です。

管理会社がmixiグループで大手の運営なので、安心が大きいと言えますね。そして、アクティブなユーザーが多い事でも取り上げられています。

 

 

イククル

サイト登録 無料配布ポイント 料金形態
男女会員登録無料 100P=1000円分 ポイント制(女性無料)

イククルは会員数1000万人近くの大規模の出会い系アプリになります。また、運営は2000年から始まり、運営システムを何度か改善を図りユーザーにとって利用しやすい出会い系アプリに改良をしてきています。

他の優良出会い系アプリ・サイトと比較してもイククルは僅かではありますが、低価格設定がされております。また、通常利用でしたら、女性はほぼ無料で利用することができ、若い層が多い傾向があります。また、サイト内でのイベントや楽しむことが出来るコンテンツもある為、サイト内でも楽しむことが出来ます。

 

 

ワクワクメール

サイト登録 無料配布ポイント 料金形態
男女会員登録無料 120P=1200円分 ポイント制(女性無料)

ワクワクメールは、規模・知名度と大きく広告活動も盛んなため、かなり人気のあるサイトになります。料金設定も安く、サポート体制もしっかりとしている事からも、男女ともに人気のある出会い系サービスになります。

ワクワクメールの特徴としては、相手に送信することが出来る伝言板の書き込みが男性でも無料となります。男性が相手に送信行為を行う際は、ほぼポイントが掛かる場合が多いのですが、ワクワクメールの場合は手軽にメッセージを送りたい時に伝言板を利用することが出来ます。

ただ、ワクワクメールは料金利用金額によって、「クラス」が分かれると言う特色があり、ヘビーユーザーに有利なシステムが導入されています。また女性としての活動でパパ活(P活)が可能とされているサービスでもあります。

 

 

出会い系に登録したら、まずは自分のプロフィール登録から

出会い系に登録したら最初にやるべきは、自分のプロフィールを編集・登録することです。出会い系においてプロフィールを記載せずに活動するのは、お見合い会場でお面を被って挨拶するようなものです。

 

アナルセックスができる女性だけを探したいならば、はっきりと『アナルセックス希望です』と記載してしまっても良いでしょう。アナル挿入は嫌だという女性を一々断る手間が省けます。ただし、『アナルって何?』という知識不足の女性が声をかけてくる可能性までは否定できませんが。

 

出会い系内の掲示板へ書き込みしよう

出会い系内にはマッチングのための掲示板があります。そこに『アナルセックスの相手募集中です』と書き込んでみましょう。上手くすれば女性側から声がかかるかもしれません。

 

ただし、この方法では受け身です。もっと積極的に攻めたいというならば、次のプロフィール検索を試してみましょう。

 

女性のプロフィールを検索しよう

女性のプロフィールを検索すれば、あなたの好みの女性が見つかるかもしれません。検索キーワードとしては『アナル』、『アナルセックス』、『アブノーマル』など。

 

SNSと違って同性愛ネタはほとんど引っかからないと思いますが、場合によっては『男の娘(女装男子)』みたいな人はいますので、そこは注意してください。アナルセックス募集と書かれていてかわいいなとメッセージを送ったら、実は『男の娘』だったなんてことがないように。

 

大手出会い系には意外なほどアブノーマルな女性も多く、上手く検索すればアナルセックス好きの女子も見つかることでしょう。

 

メッセージが来たらすぐに返事を書く

いずれにせよ、あなたに興味がある女性からメッセージが来たらすぐに返信するよう心がけてください。1時間返信が送れたら、会える可能性が10~30%減るくらいのつもりでいきましょう。

 

この段階では性的なことは記載してはいけません。『本当にアナルセックスが好きなの?』などといきなり見知らぬ男性に言われたら、女性は引きます。それどころか恐怖を感じるでしょう。

 

最初は差し障りのない会話をしながら、自分の誠実さをアピールするのが、出会い系サイトで上手く出会うコツです。

 

実際に出会うことになったら注意すべきこと

メッセージを何度かやりとりして、実際に出会うことになった後も注意すべきことがあります。それはあまりガッツかないということです。

 

出会い系に登録してアナルセックス好きを公言しているような女性なんだから、すぐにセックスできるだろうなどと考えてはいけません。

 

女性にとって、出会い系で出会った男性は憧れであると同時に警戒すべき相手です。出会った当日、いきなりホテルに連れ込もうなどとすれば、女性の中で一気に夢が覚めてしまいます。

 

男性と女性のセックスへの欲求で一番違うのは、女性は雰囲気や積み重ねを大切にするということです。男性にとっては射精が一番の快感ですが、女性はデートを楽しんだり、良い雰囲気にに酔ったりといったことに快感を覚えます。セックスはその中の一要素でしかありません。

 

女性と実際にあったら、とにかく『良い雰囲気』を作って『良い人』であるとアピールしてください。女性の悩みを真剣に聞いて上げたり、彼女が好きな場所に連れて行って上げたり、一緒にご飯を食べたりと、徐々に近づいていきましょう。

 

間違っても出会った初日にホテルに連れ込んでアナルセックスをしようなどと考えてはいけません。流れでそういうシチュエーションになる可能性はありますが、普通はデート初日は食事をして終わりです。

 

なんどもデートを繰り返して、ようやくアナルセックスにたどり着きます。入れるときも、『こっちに入れてもいい?』とちゃんと同意を得ましょう。同意なしでのセックスは、のちのち女性から訴えられるリスクがあると思っておいてください。

 

アナルセックスをするなら、性病予防にも注意しておこう

膣とちがって、アナルの中は細菌が多いといわれています。もともと挿入を前提とした器官ではありませんし、大便が通る場所ですから当然ともいえます。

 

アナルセックスは妊娠の心配は少ないですが(0%ではない)、性病をうつしたり、うつされたりするリスクは高いです。

 

最低でもゴムは絶対にしましょう。膣じゃないから中出ししても大丈夫なんていって、ゴムなしセックスをするのは危険です。

 

特に、出会い系でアナルセックスの相手を探している女性は、他の男性ともアナル性交をした経験がある可能性が高いです。

 

ここでは詳述は致しませんが、HIVや肝炎など性病には恐ろしいものが数多くあります。事前にちゃんと性病予防の知識を仕入れておいた方が良いでしょう。

 

アナルセックスの相手を探すならば出会い系!

出会い系アプリやサイトを使えば、アナルセックス好きの女性を探すことは難しくありません。ただし、実際にアナルセックスできるところまで持ち込めるかは、あなたの人間力にかかっています。

 

自分を律し、性欲を必要以上に出さずに、女性を尊重してお付き合いすることを心がけてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です